粥彦

kayuhiko.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 22日

さとりの寄り道 4


さとりの雑談 の つづきです。


こころ を しずめる といいいますが、

こころ が 本当に しずまる と 

こころ は 無くなるはずです。

無我 の 境地です。


しずめる とは、

静める とも書きますが、

鎮める

沈める

とも書けます。

まあ、こんなことにこだわっていては、

いけません……。





.


















.


















.












.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-07-22 08:23 | 鹿さんのお話し | Comments(3)
Commented by 宮本英樹 at 2016-07-22 20:37 x
一連のさとりのお話、心が静まります。鎮まります。沈まります。言の森を、西尾さんの作品を、初めて読ませていただいたときと同じ気分になります。ありがとうございます。
Commented by kayu_hiko at 2016-07-23 18:08
宮本さま
粥彦20作りました。
今日は、大阪 はねぶんこ、ウムラウト に置いてもらいました。
Commented by 宮本英樹 at 2016-07-24 09:48 x
お知らせありがとうございます。うれしいかぎりです。

はねぶんこ、一度行ってみたいと思っていました。


<< 夏の川柳 1      八月の水 4  水の湧き出てい... >>