2017年 02月 25日

栞日 トークイベント と 詩とイラストの展示『 光ったり 眠ったりしているものたち 』


長野・松本市のブックカフェ「栞日」で、
私の新詩集『 光ったり 眠ったりしているものたち 』の出版にあわせて、
詩と、装丁画と挿絵を担当した安福望の原画イラストの展示をします。
さらに、出版社「ブックロア」のフェアも行われます。
ぜひ、お越しください。

日程 2月25日〜3月12日 8:00-18:00 (定休日 水曜日+不定休)
場所 栞日 (長野県松本市深志3-7-8)

トークと朗読のイベントを開催します。
ブックロアの中島、栞日店主菊地、私 西尾の3名が本作りの話などをします。
すこし休憩を挟んで後半は、詩の朗読をします。

日時 3月11日(土) 開場 17:30 開演 18:00から(1時間30分ほどです)
場所 栞日
参加費 1000円(+ワンドリンクオーダーをお願いします)
要予約  mail info@sioribi.jp
電話 0263−50−5967


《紹介文》
西尾勝彦(にしお かつひこ)
詩集『フタを開ける』(書肆山田)、『朝のはじまり』、『言の森』、『耳の人』(ブックロア)
旅人と詩人の雑誌『八月の水』編集人、フリーペーパー「粥彦」発行人

安福望(やすふく のぞみ)
短歌が好きで一日一枚、短歌の絵を描くイラストレーター
短歌と絵の本『食器と食パンとペン』が発売中
柳本々々さんとの共著『きょうごめん行けないんだ』がそのうちでます
ツイッター@syokupantopen
ブログ http://syokupantopen.jugem.jp/








.










.








.


[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-25 09:00 | 日々ノ呟キ | Comments(0)


<< のほほんとほん 3かいめ と ...      雀餅 散文詩 >>