カテゴリ:Fragment of Nara( 5 )


2016年 03月 02日

Fragment of Nara / Between




Between


 The Ear Man lives
 between
 the forest's
 start
 and
 the end

 What he hears is
 the birds' song
 and
 the wind's breath

 An autumn night
 an acorn
 hits the roof with a
 “knock” and
 echoes

 When midwinter comes
 an indescribable
 dead silence comes

 Trees
 mountains
 lay dormant







あわい


 耳の人は
 森の
 はじまり
 と
 おわり
 そのあわいに
 暮らしている

 聞こえてくるのは
 鳥の歌
 と
 風のそよぎ

 秋の夜
 どんぐりの
 屋根をたたく音が
 ゴコンと
 響く

 真冬になると
 たとえようのない
 沈黙がやってくる

 木々も
 山々も
 おし黙っている



.
.
.
.







.
.
.
.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-03-02 08:13 | Fragment of Nara | Comments(0)
2016年 02月 12日

Fragment of Nara / Song of Evening's Cicadas

石川丈山の詩を読んでいると、

林中にひっそり暮らしている感じが伝わってきます。

鹿や蝉も登場します。

たぶん蝉は、ひぐらし。

おもろいなあ。









Song of Evening's Cicadas


 The evening's cicadas
 sing
 and the mountains echo
 The evening's cicadas
 sing
 and the sky opens

 The evening's cicadas
 are heard
 but not seen
 The evening's cicadas
 are heard
 and ways are lost

 The evening's cicadas
 fly
 and shades of green
 The evening's cicadas
 vanish
 and the forest sleeps

 The evening's cicadas
 The evening's cicadas
 at the end of summer

 The evening's cicadas
 The evening's cicadas
 at the end of today





ひぐらしのうた      


 ひぐらし
 鳴いて
 山響き
 ひぐらし
 鳴いて
 空開く

 ひぐらし
 聞いて
 姿見ず
 ひぐらし
 聞いて
 道迷う

 ひぐらし
 飛んで
 みどり色
 ひぐらし
 消えて
 森眠る

 ひぐらし
 ひぐらし
 夏の終わりに 
























ひぐらし
ひぐらし
今日の終わりに
[PR]

by kayu_hiko | 2016-02-12 09:57 | Fragment of Nara | Comments(0)
2016年 02月 09日

Fragment of Nara   /  Collar




Collar


 At the time for new green
 In the woods
 I came across a walker
 Sitting
 on a shallow hill
 He seemingly lost in thought
 Deer
 sit gathering around him as well
 Some sleeping
 Some mumbling mouth are moving
 Little green birds
 are sitting perched
 on his head and shoulders
 I couldn't
 leave
 nor get close
 At that moment
 a relaxed breeze
 came through the trees
 and swayed
 the spring leaves
 and his collar










 新緑の頃
 林の中で
 散歩屋さんを発見した
 ゆったりとした斜面に
 腰を下ろし
 自分を忘れた様子だった
 鹿たちも
 彼を囲むように座っている
 眠っているものもいるし
 口をむぐむぐと
 動かしているものもいる
 みどりの小鳥が
 彼の頭や肩に
 とまったりしている
 僕は
 立ち去ることも
 近寄ることも
 できなかった
 その時
 ゆるい風が
 木々をめぐり
 若葉と
 彼の襟を
 揺らしていった









.








.

[PR]

by kayu_hiko | 2016-02-09 10:39 | Fragment of Nara | Comments(0)
2016年 02月 05日

Fragment of Nara / No title



No title


 Riding a rusted green bicycle
 going down a hill

 A tangled old town
 I see an illusion
 of a lost tower







無題


 緑色の錆びた自転車に乗って
 坂道を下ってゆく

 いりくんだ古い町
 失われた塔の
 幻を見る





















[PR]

by kayu_hiko | 2016-02-05 10:49 | Fragment of Nara | Comments(0)
2016年 02月 04日

Fragment of Nara / Swell of Spring


英訳詩集 「 Fragment of Nara 」( 奈良のかけら )を作りました。

英訳と編集は、松嶋友紀さんに頼みました。

奈良の外国人がよく訪れる東大寺近くの雑貨店「ジュエヌ」に置いていただきます。

興味をお持ちの方は、ぜひジュエヌさんへ。





Swell of Spring


 The song
 of a grosbeak
 is a calm and
 relaxed
 spring swell
 The song
 like a bell-clear
 whistle
 resounds
 into the sky and
 echoes
 into the mountains
 Leaning on
 the swell
 I fell fast asleep








春のふくらみ


 いかるの
 鳴き声は
 おだやかで
 のびやかな
 春のふくらみ
 澄みきった
 くちぶえのような
 歌声は
 空に
 広がり
 山に
 こだまする
 その
 ふくらみに
 もたれて
 僕は
 眠ってしまった























[PR]

by kayu_hiko | 2016-02-04 12:23 | Fragment of Nara | Comments(0)