粥彦

kayuhiko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鹿さんのお話し( 10 )


2016年 09月 22日

ひさびさの鹿さんのお話し



高畑の奥の

奥のほうで

なにかしら

ひっそりと

はじまって

いるような

氣がするね


そのさらに

奥の奥には

森があって

静かな人が

歩いている

ムクロジの

実がひとつ

落ちている

















.













.












.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-09-22 06:29 | 鹿さんのお話し | Comments(0)
2016年 08月 08日

さとりの寄り道 8

最近、仕事の関係から、二日に渡って講習を受けました。
いろいろな、それこそ多岐にわたるお話を聞きました。

でも、どこかしっくりきません。

コンピテンシー、アクティブラーニング、知識基盤社会、言語活動、自閉症スペクトラム………。

すべて概念です。
ずばり幻想です。
多くの人たちは、これらの言葉に右往左往するのでしょうか。
この世の中は、概念と制度でがんじがらめになっていることを再確認しました。

本来無いものを、有るとして、正確には有ると仮定しているだけだと思います。

でも、単なる流行り言葉です。
すぐに消えて無くなるよなあ。
まあ、それも真理なんだけどなあ。

真理は、概念を作り出す、言葉の以前の世界から存在しています。
現在では、ほとんど気づかれなくなっています……。



.














.











.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-08-08 18:55 | 鹿さんのお話し | Comments(0)
2016年 07月 31日

さとりの寄り道 7 とほほ


今日は暑いですね。

前回のつづきです。

暑い と思ったときは、

この暑さの原因を考えましょう。

もちろん、夏だからです。

夏である原因を考えましょう。

春が過ぎ去ったからです。

なぜ春が過ぎ去って夏がやってきたのでしょうか。

季節があるからです。

なぜ季節があるのでしょか。

地球が傾いているからです‥‥。

と、原因をたどっていくと、

自分ではどうにもならないことに気づきます。

で、暑いのは しかたがないよね とほほ と思うのが、よろしいかと。

原因を考えて、「 自分ではどうにもならないこと 」は、

◯◯◯ なことは しかたがないよね とほほ

と 思うようにすれば、だいぶラクになると思います。


暑い を例にすれば、

暑い → シンドイ → クルシイ → 怒り ではなく

とほほ ← 暑い ← 夏 ← 春 ← 四季 ← 地球の傾き といった感じです。


とほほな話ですいません。











.














.








.












[PR]

by kayu_hiko | 2016-07-31 10:36 | 鹿さんのお話し | Comments(0)
2016年 07月 29日

さとりの寄り道 6 思考のループ


意識の保ち方のようなお話です。

たとえば、今は夏です。

外にでると、暑いのですが、

そういうことを「思わない」のが大切です。

暑い と 思うと、

シンドイ と 思い、

シンドイ と 思うと、

クルシイ と 思い、

クルシイ と 思うと、

この状態をなんとかしてくれ となり、

自分や夏を呪ったりしてしまいます。

コワイですね。

負のループです。

その最初の起源は、

暑い と思うことにあります。

この 暑い を思うことがなければ、

負のループは、存在しません。

といっても、暑いものは暑いじゃんか、とお怒りの方もいらっしゃるでしょう。

怒らないでね。負のループですよ。


どう思えば良いのでしょうか。










.














.











.









[PR]

by kayu_hiko | 2016-07-29 06:46 | 鹿さんのお話し | Comments(0)
2016年 07月 25日

さとりの寄り道 5 自己消滅本



「さとりの手帖」 は、 小冊子です。

自己啓発本 ではなくて、

自己消滅本 です。


何冊か自己啓発本 を読んだことがあります。

いいこといっぱい書いてありました。

なるほどなぁ、と思ったりしました。

でも、しばらくすると消化不良に。

いいこと

いっぱい

が、シンドイのだな と思います。

自己は自己でも、著者の自己と読者の自己は、

異なりますので、当然かもしれません。



さとりは、

自己の消滅に向かいます。

その点、万人向けなのですが、

現代は、自己啓発の時代なので、

小舟に乗っている気分です。

のんびりと魚釣りでもしていよう。















.


















.










.












[PR]

by kayu_hiko | 2016-07-25 20:07 | 鹿さんのお話し | Comments(2)
2016年 07月 22日

さとりの寄り道 4


さとりの雑談 の つづきです。


こころ を しずめる といいいますが、

こころ が 本当に しずまる と 

こころ は 無くなるはずです。

無我 の 境地です。


しずめる とは、

静める とも書きますが、

鎮める

沈める

とも書けます。

まあ、こんなことにこだわっていては、

いけません……。





.


















.


















.












.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-07-22 08:23 | 鹿さんのお話し | Comments(3)
2016年 07月 18日

さとりの寄り道 3


げげげの現実 について

書こうと思いましたが、

たたたいへん疲れるので、

省略します。

すいません。

.

















.














.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-07-18 17:18 | 鹿さんのお話し | Comments(0)
2016年 07月 17日

さとりの寄り道 2

前回、さとりに至るには、

静かなこころ が 大切と書きました。

とはいうものの、

なかなか そう簡単に静かなこころに辿り着けません。

なぜなら、

現実

という、ものすごーいものが、

分厚い壁のように

静かなこころ に至る道をふさいでいるからです。

街に出れば、さとりもなにもありませんよね……。

うーん。

どうしよう。

まあ、

壁を調べて対処方法を考えましょう。

.



















.

















.











.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-07-17 20:48 | 鹿さんのお話し | Comments(0)
2016年 06月 28日

鹿さんにとって


降り続く雨は、

ほんらい

たいせつな飲み物です。

さいきんは、

降りすぎて、

泳いだりしています。






.











.


























.















.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-06-28 08:48 | 鹿さんのお話し | Comments(0)
2016年 06月 25日

奈良も

日本から離脱してもよい、と

鹿さんたちが話していました。

ほおー、と

思いました。




.










.









.
[PR]

by kayu_hiko | 2016-06-25 20:10 | 鹿さんのお話し | Comments(0)