粥彦

kayuhiko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々ノ呟キ( 764 )


2017年 06月 20日

大阪ふたつ


詩集『光ったり眠ったりしているものたち』の

巡回展が

あと二ヶ所

大阪で行われます。

7月7日、七夕の日から、

中崎町 葉ね文庫 ではじまります。

よろしくおねがいします。

















.










.






[PR]

by kayu_hiko | 2017-06-20 18:55 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 06月 18日

蛍はいづこ

昨晩 みんなで、蛍を観にいったのですが、

まっくらな闇だけを見つめていました。

昨年はいっぱいいたのですが。

帰りにクヌギの木に寄ると

ちいさなクワガタムシを発見しました。













.








.





[PR]

by kayu_hiko | 2017-06-18 05:41 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 04月 27日

cafe tuBU にて 「光ったり眠ったりしているものたち」展示会開催します


とほんさん、カウリさんで好評をいただいた「光ったり眠ったりしているものたち」展が、

奈良やすらぎ通り沿いのカフェ tuBU で開催されることになりました。

お店のミムラさんは、とても気さくな方です。いろいろとお話ししてください。

詩・西尾勝彦、イラスト・安福望の原画展です。

5月25日から6月19日まで開催します。(火・水はお休みです)

初夏の奈良観光のひとつとして、ぜひお立寄りください。


cafe+zakka+gallery  
tuBU
奈良市西城戸町28-3 西城戸ビル1F
11:00~18:00  定休日:火・水
tel & fax 0742-93-3783
駐車場はございません。
近隣のコインパーキングをご利用ください。












.















.





[PR]

by kayu_hiko | 2017-04-27 11:09 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 02月 26日

のほほんとほん 3かいめ と 新詩集『光ったり 眠ったりしているものたち』の展示


奈良・大和郡山市の本屋「とほん」で、
新詩集『 光ったり 眠ったりしているものたち 』の出版にあわせて、
西尾勝彦の詩と、
装丁画と挿絵を担当した安福望の原画イラストの展示をします。
ぜひ、お越しください。

日程 2月24日〜3月22日 11時から17時 (定休日 木曜、祝日)
場所 とほん (大和郡山市柳4−28)

恒例(?)のトークイベント「のほほんとほん 3かいめ」も開催します。
とほん店主と西尾が本の話などをして、後半は詩の朗読をする予定です。

日時 2月25日(土)午後6時から(1時間ほどです)
場所 とほん

参加費 1200円(豆パン屋アポロさんのパン付き)
    差し入れ、飲料持ち込み歓迎です
要予約 メール tohontohon☆gmail.com (☆=@)
    電話 080−8344−7676


《紹介文》
西尾勝彦(にしお かつひこ)
詩集『フタを開ける』(書肆山田)、『朝のはじまり』、『言の森』、『耳の人』(ブックロア)
非実用本『のほほんのほん』、『さとりの手帖』(私家版)、旅人と詩人の雑誌『八月の水』編集人
フリーペーパー「粥彦」発行人

安福望(やすふく のぞみ)
短歌が好きで一日一枚、短歌の絵を描くイラストレーター
短歌と絵の本『食器と食パンとペン』が発売中
柳本々々さんとの共著『きょうごめん行けないんだ』がそのうちでます
ツイッター@syokupantopen
ブログ http://syokupantopen.jugem.jp/







.











.












.


[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-26 09:00 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 02月 25日

栞日 トークイベント と 詩とイラストの展示『 光ったり 眠ったりしているものたち 』


長野・松本市のブックカフェ「栞日」で、
私の新詩集『 光ったり 眠ったりしているものたち 』の出版にあわせて、
詩と、装丁画と挿絵を担当した安福望の原画イラストの展示をします。
さらに、出版社「ブックロア」のフェアも行われます。
ぜひ、お越しください。

日程 2月25日〜3月12日 8:00-18:00 (定休日 水曜日+不定休)
場所 栞日 (長野県松本市深志3-7-8)

トークと朗読のイベントを開催します。
ブックロアの中島、栞日店主菊地、私 西尾の3名が本作りの話などをします。
すこし休憩を挟んで後半は、詩の朗読をします。

日時 3月11日(土) 開場 17:30 開演 18:00から(1時間30分ほどです)
場所 栞日
参加費 1000円(+ワンドリンクオーダーをお願いします)
要予約  mail info@sioribi.jp
電話 0263−50−5967


《紹介文》
西尾勝彦(にしお かつひこ)
詩集『フタを開ける』(書肆山田)、『朝のはじまり』、『言の森』、『耳の人』(ブックロア)
旅人と詩人の雑誌『八月の水』編集人、フリーペーパー「粥彦」発行人

安福望(やすふく のぞみ)
短歌が好きで一日一枚、短歌の絵を描くイラストレーター
短歌と絵の本『食器と食パンとペン』が発売中
柳本々々さんとの共著『きょうごめん行けないんだ』がそのうちでます
ツイッター@syokupantopen
ブログ http://syokupantopen.jugem.jp/








.










.








.


[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-25 09:00 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 02月 16日

『光ったり 眠ったりしているものたち』刊行によせて


 前作『耳の人』より3年、新たな詩集『光ったり 眠ったりしているものたち』をブックロアより刊行することになりましたのでお知らせします。


 私は、10年前の2007年秋頃より詩を書き始めました。春日山原始林の麓に移り住み、1年が経った頃でした。この美しい風景、雰囲気を、より多くの人たちに知ってもらいたいとペンを執りました。折りよく、美術作家の永井宏さんが詩の通信ワークショップを始められたので参加しました。永井さんのアドバイスは簡潔でしたので、気持ちよく書き続けることができました。3年ほどお世話になり、その間に『大きな鯨』(2008年・私家版)、『フタを開ける』(2010年・書肆山田)、『朝のはじまり』(2010年・ブックロア)などを刊行しました。残念ながら、永井さんは2011年に亡くなられました。当時、追悼として「羽」という作品を書きましたが、ようやく今回、収録できました。少しは恩返しができたかもしれません。


 ブックロアから最初に出版した『朝のはじまり』は、予想以上にじわじわと売れ続け、第二刷も在庫が無くなりました(といっても合わせて600部ですが)。詩集は売れるものではなく、身内で献本し合うものらしいのですが、私はそういった閉鎖的な現状に疑問を持っています。詩集が、もっとふつうに書店に置かれて、人々が読んで楽しめたらなあとずっと願ってきました。といいつつも、前作『耳の人』は、シンプルすぎる装丁、小さすぎる文字、何も起こらない内容等、ふつうでは「ない」本作りをしてしまい、私自身も揺れているところですが……。


今作『光ったり 眠ったりしているものたち』では、これまで以上に開放的な内容と装丁を心がけて作ってみました。まず、表紙画・イラストを安福望さんに依頼しました。安福さんは、短歌とイラストの本『食器と食パンとペン』やツイッターなどで人気のイラストレーターです。親しみやすさと、のほほんとした雰囲気のイラストは詩の内容にぴったり合っていると思います。また、ようやくISBNコードを取得し、流通に乗るようにしました。


目次は、以下の通りです。29作品あります。そのうちの9作品には安福さんのイラストが添えられています。


半笑い / とうふの人 / お互い / 西 / 骨の声 / ひょうたん / 猫師 / あなた / 台湾の屋台( 老詩人の話 其の三) / タコの話 / 羽(追悼 永井宏) / こたつ主義とは何か?  / 月町 / ゆらゆらとほん / 処世術 / 無意識(たましい) / 純粋な空 / クリーム / バイエル / 言祝ぎ(ことほぎ) / 散歩屋さんのはなし / 扇風機同盟の夏 / ひと呼吸 / すず / のほほん製作所1 / のほほん製作所 2 / 「しかせん」を売る / 夏の姿 / 誰もいない












.


















.

















.



[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-16 14:20 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 02月 05日

17歳になった息子へ

17歳になった息子へ

君は
21世紀を
生きている
でも時代は
まだ20世紀を
引きずっている
古い
というより
危ない価値観が
まだ至る所に潜在している
精神の自立を目指し
新たな
というより
優しい価値観に
想いを込めて
生きていってほしい

誕生日おめでとう










.










.


[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-05 14:47 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 02月 05日

立春

立春

奈良の光は
眩しくて
鹿も
人も
目を細め
にこやか

二月堂の
石畳は
お水取りの賑わいを
待ちわびている

ささやきの小径の
馬酔木(あしび)
小さな蕾たちは
列をなして
春を待っている

今日は
奈良日和
明日は
やさしい雨が降りそう


[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-05 14:45 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 02月 02日

散文詩日誌 平等自由

自由平等というが語順が逆であろう。平等自由が自然な流れである。
全員が平等、の上に、それぞれの自由、がある。
だから、平等でない者は決して自由になれない。
区別以上の差別を行う者は決して自由になれない。
しかし、彼らは自由を求めてはいない。
他者の不自由を求めているだけである。



.















.










.


[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-02 13:28 | 日々ノ呟キ | Comments(0)
2017年 02月 01日

今ごろ Twitter


twitter はじめています。

いろいろとやってみたい2017年です。









.









.









.



[PR]

by kayu_hiko | 2017-02-01 06:33 | 日々ノ呟キ | Comments(0)