粥彦

kayuhiko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:のほほん自由手帖( 2 )


2017年 11月 30日

のほほんコラム1


「のほほんとはなにか?」

 「のほほん」とは何でしょう? 

 まじめに考えるとのほほんから遠ざかってしまうのであまり考えないようにしていますが、ここはちょっとまじめに。

 よく「のほほんとしている場合じゃない」とか「あいつ、のほほんとしやがって」といった場合のように、「のほほん」という言葉は否定的に使われがちです。それをなんとか前向きにとらえ直したいとおもっています。

「のほほん」とは、のんびり、おだやか、やすらぎ、ぼんやり、やさしさ、あくび(?)、といった言葉と親近性があるようにおもいます。
そして、いつも少し上機嫌といったところでしょうか。「少し」というところがミソで、「少し」だけなので長持ちがするのですね。無理なく、いつも、なにがあっても、だいたい「少し」上機嫌であれば、楽しく楽に日々を過ごせるのではないでしょうか。その心持ちが、のほほんです。 

(つづく)











.













.






 


[PR]

by kayu_hiko | 2017-11-30 08:23 | のほほん自由手帖 | Comments(0)
2017年 11月 20日

のほほん自由手帖のはじまり

「 のほほん自由手帖 」が、だいたいできてきました。
12月3日の天理STORYTIMEにも、間に合いそうです。

のほほんとした感じで、内容を一部公開していきます。
.



.

のほほん自由手帖のはじまり



 いつも、のほほんなようすでいると、こころがおだやかになります。そんな風にやすらいだこころの状態でいると、日々が過ごしやすくなるとおもいます。

 この冊子は、そんな「こころ持ち」になるためのお手伝いとなるように作ってみました。えんぴつとけしごむを用意していただいて、自分で、自分なりの、のほほんを見つけて書いていってください。(もし難しければ、『のほほんのほん』をヒントにしてください)それから、ときどき読み返したり、書き加えたりしてもらえれば、少しずつ少しずつのほほんな人になっていくはずです。

 いちばんよいのは、いつでも、どこでも、だれとでも、何をしていても、何だかよくわからないけれど、のほほんとしていることでしょう。そんな、ふしぎでのほほんな「こころ持ち」をめざしてがんばらないで取り組んでください。



.






.


[PR]

by kayu_hiko | 2017-11-20 10:42 | のほほん自由手帖 | Comments(0)