詩集『歩きながらはじまること』刊行記念朗読会のご案内です。


東京、大阪、奈良でトークと朗読のイベントを行います。

お時間ございましたらぜひお越し下さい。



東京 七月堂古書部
3/24(sat) 18 : 00 start 参加費1000 yen
満席となりました。

ありがとうございます。

京王線・京王井の頭線 明大前駅より徒歩2 分




大阪 blackbird books
3/31(sat) 18 : 00 start 参加費1000 yen   
ご予約
info★blackbirdbooks.jp or 06-7173-9286 (★=@)
御堂筋線 緑地公園駅より徒歩5 分




奈良 とほん

「のほほんとほん 4かいめ」
4/14(sat) 18 : 00 start 参加費1300 yen (パンと飲みもの付き)
ご予約 tohontohon★gmail.com or 080-8344-7676   (★=@)
近鉄郡山駅からのんびり歩いて10 分





各店舗へのメールでのご予約は、「お名前・ご連絡先・人数」を明記のうえお送りください。
返信をもってご予約完了とさせていただきます。




それぞれのイベントの後には、懇親会がございます。
お気軽に話しかけて下さいね。










●● のほほん社通販 ●●


.





.








[PR]
by kayu_hiko | 2018-02-22 10:27 | 歩きながらはじまること | Comments(0)


文字 

             
土という文字を
眺めていると
怖くなる
上の部分「十」が
下の部分「一」に
突き立てられた
墓標に見えるからだ


土 土 土 土

 土 土 土 土

土 土 土 土

 土 土 土 土


こうやって
たくさん並べてみると
墓地に見える
地面の下には
いくつもの
死体が埋まっている
そもそも
土は
あらゆる生命の還る場所なので
無数の墓場でもあるのだ
実際に
墓標は見えないが
文字にすると
それが現れる
ひとつの文字が
隠された真理を示している
ひとつの文字が
淋しい空想を呼び起こす







【余談】

文字は
不思議だと思いませんか

文字そのものに
意味もありますが
見ようによっては
自分だけの
別の意味を思い浮かべることもできます

特に漢字は
謎めいています

どうやら
中国古代の呪術から
漢字は使い始められたそうです

なるほど と
納得しました

そもそも
深い意味が
込められている漢字は
現代にも
問いかけを投げかけています

意味はそれだけか?



































[PR]
by kayu_hiko | 2018-02-06 06:00 | 歩きながらはじまること | Comments(0)


●ソローの言葉

地球は
花や果実に先駆ける木の葉とおなじように
生きている詩である



●のほほん訳

この
地球は

果物
葉っぱ と
同じく
生きている詩なのですよ



●のほほんコラム

「生きている詩」という表現が
とてもいいですね

この星
地球そのものが生きているという発想を
19世紀にソローは得ていました

地球が生きているから
我々も生きている
彼は
そう思ったかもしれません

そして
よくみると
そこここに
ポエジー 
詩情がみえるよ と
ナチュラリスト
自然観察者のソローは
感じたのでしょう


























[PR]
by kayu_hiko | 2018-02-05 09:03 | のほほんのほん | Comments(0)


光の作りかた(老詩人の話 其の一)     


先月
出会った老詩人は
次のようなことを
ぼくに語った
 
 詩を作ることは
 いくつもの言葉に光を与え
 それらを星として空に眺め
 未知の星座を見つけるようなものだ
 
 なるほど と
ぼくは納得し
十日ほど
夜空を眺めてばかりいて
何も書けなくなった

今月
老詩人を訪れ
そのようなことを言うと
彼は
かすかに微笑み
 まず言葉に光を与えなさい と
指摘した
 その通り と
ぼくは思い
光の作りかたを空想して
三十日が経過した






【余談】

老詩人は、誰ですか? と
聞かれたことがあります

老詩人は
います とだけ
答えました

どこに住んでいる人ですか? と
聞かれました

僕のこころの中に と
答えました












.









.












[PR]
by kayu_hiko | 2018-02-04 06:00 | 歩きながらはじまること | Comments(0)


いつもお読みいただきありがとうございます。

もうすぐ、3月に、
詩集『 歩きながらはじまること 』を
七月堂から出版することになりました。

これまでの詩集から、
『 朝のはじまり 』
『 フタを開ける 』
『 言の森 』
『 耳の人 』
『 耳の人のつづき 』
の全作品を収録しています。

『 朝のはじまり 』や『 耳の人 』は、だいぶ前に絶版になっていて、
ときどき問い合わせもいただいていましたので、新たに出版できてほっとしています。

『 耳の人のつづき 』は、2015年に私家版で50部ほど作った記憶があります。

300ページを超える本になりますが、
愛蔵版として、ぜひ手にとって下さい。

帯文は、大阪「葉ね文庫」の名物店主・池上さんにお願いしました。

解説は、東京で長らく近代詩を紹介する活動をされている Pippo(ぴっぽ)さんに書いていただきました。

今回、七月堂の後藤さんの熱意により、
この『 歩きながらはじまること 』は生まれました。
ちょっとした集大成を形にすることができて、とてもうれしいです。

ぜひ、みなさんに読んでいただきたいです。


追伸:
出版を記念して、東京、大阪、奈良でトーク&朗読会を企画しています。
詳細は、また後日にお知らせします。
こちらもよろしくお願いします。











●● のほほん社通販 ●●










[PR]
by kayu_hiko | 2018-02-03 06:00 | 書籍ノ事 | Comments(0)


お読みいただきありがとうございます。


●ソローの言葉

その日の生活を
質的に高めることこそ
最高の芸術にほかならない




●のほほん訳

一日いちにちの
暮らし方に
工夫をすることが
もっとも
面白い遊びです




●余談

ソローさん
いいこと言っていますね
いいことすぎて
なかなか
実践することは
難しいかもしれません

でも
ちょっとした工夫で
生活の質は
上がるものです

例えば
珈琲をドリップするだけで
たいへん美味しくなります

手をかける

一手間を惜しまず
何でも取り組めば
そこに面白さや
遊びがみつけられます

その遊び自体が
こころを喜ばせます

毎日
遊ぶように生きる

これが生の芸術化なのかもしれません









●● のほほん社通販 ●●
























[PR]
by kayu_hiko | 2018-02-02 06:38 | のほほんのほん | Comments(0)


生まれて初めて      


四月
堤防へ上ると
黄色のおだやかな氾濫
河川敷に降りると
菜の花が
咲いている
揺れている
生きている
近づくと
温かい薫りに
ほどかれる
ゆっくり
川沿いを
歩いていると
眠たくなった
こんなことは
生まれて初めて






【余談】

もう2月
というよりやっと2月になりましたね

ことしはさむいです

でも
もうすぐ立春なのです
春はすぐそこ
と思いたいです

この作品は
3月と思っていたら
4月でしたね…
うーんまだ先…

僕の実家の近所に
大きな川が流れています
その堤防といいますか
河川敷がのんびり広くて
菜の花が
暖かな春に咲き乱れるのです

 
咲いている
揺れている
生きている
 

という
韻をふんだ
繰り返しが
眠気をさそいますね

思い出すだけで
眠たくなる










.











.


[PR]
by kayu_hiko | 2018-02-01 06:21 | 歩きながらはじまること | Comments(0)